ご応募・ご質問

先輩の声

家事代行・家政婦サービスの仕事で身につくことについて解説しましょう!

~仕事で身につくのはどんなこと?~

 家事代行サービスの仕事は、ご自身のキャリアアップを望む方に最適です。なぜなら、お客様宅で行う家事は単に掃除や料理を行えばいいというものではなく、仕事として家事を行う上での様々なスキルが求められ、自ら成長する姿勢を必要とするからです。

 では、具体的に必要なスキルは何か。

 まず1つ目が家事のコツを掴むことです。自宅で行う家事では、特に時間に縛られることなく自分の好きなようにどこから手をつけても支障はありません。自分の家なら当然そうですよね。但し仕事では、決められた時間内に要望があった全ての家事を終える必要があるため効率的に行わなければいけません。よって、取り掛かる前に段取りや時間配分を決めることが重要です。

 但し、こうしたことは何度か経験を積んでいく中で身についていくことです。お客様宅でのサービスに入る前に自宅で練習をしてみるのも良いかも知れません。時間内にスムーズな作業を行えるよう予め導線を考えるなど家事のコツを身につけることが必要です。

 2つ目は、材質や汚れの種類に合わせた掃除方法や洗剤の適切な選択といったノウハウです。家事代行サービスを利用するお客様には富裕層の方や材質選び等拘りのある方も多く、お客様宅に行くと、様々な種類のフローリングや高級家財などを目にする機会が多くなります。例えば、天然の大理石を用いたフローリングや本皮のソファなどに水拭きはご法度。一般的な家庭だとなかなか触れる機会も少ないため、お客様宅での経験は立派な知識となるでしょう。

 3つ目は、時間短縮などのテクニック。この仕事は時間が限られているため、11秒を無駄にすることなく作業を進める必要があり、どんな家事を行うにおいてもそのテクニックはとても重要です。例えば、掃除においては、頑固なカビや油汚れには洗剤を拭きつけた後でキッチンペーパーやサランラップ等で蓋をする。料理だと、野菜の茹で時間短縮やコンロの使用数を少なくするため、レンジを利用して蒸して仕上げる。など、時間に制限のない自宅での家事においては、こういったテクニックを身につけることは難しいかもしれません。

 また、家事代行サービスの職場は当然ながらお客様宅。清潔感のある身だしなみや気持ちの良いコミュニケーション、普段より一段上の言葉遣いなど、最低限の礼儀をわきまえた方でないとスタッフとして認められることは難しいため、礼儀作法についても自然と身につくことでしょう。

 

~好きな家事を仕事にしてスキルアップしよう!~

 家事代行サービスにおいては、前述したようなスタッフさん自身の持つスキルや知識そのものが商品となります。お客様にお金を支払って頂いているのはまさにこの部分です。そこに価値がないと継続して利用して頂くことは難しいでしょう。つまり、家事代行サービスを仕事として行う以上、サービス向上のために努力を重ねる必要があるため、家事が好きでこの仕事を選ぶ方にとっては、自分の好きな家事でスキルアップができる一石二鳥の仕事と言えるのではないでしょうか。

 「掃除や料理が好き!」という方、ぜひその好きな家事を仕事にして、自分自身もスキルアップしてみませんか?

 

併せて読みたい関連記事

家事代行に向いているのはどんな人?「家事好き」以外に必要な資質について解説

家事代行・家政婦サービスに不向きなタイプってどんな人?3つのタイプを解説

家事代行サービス会社がスタッフに身元保証人を求める理由について解説 

ご応募・ご質問はこちら Contact

お気軽にお問い合わせください。(通年採用)