ご応募・ご質問

働き方

家事代行・家政婦サービスの勤務地ってどんな場所があるの?

 仕事をする際、何処で働くか勤務地選びはとても重要ですよね。

 では、家事代行や家政婦として働こうと思った際、どのようなエリアにニーズがあるのか。ここでは首都圏内の東京・神奈川・埼玉・千葉県の13県について、ご紹介したいと思います。

 

 家事サービスを利用される方の多くは、仕事を中心としたライフスタイルを送られている共働き世帯や、子育て世帯、単身者等が多いことから、企業や商業施設が多く隣接する東京都内での利用者はやはり多いのが現状です。その中でも、新宿・渋谷・池袋など都内主要ターミナル駅の近隣エリアをはじめ、港区の六本木や虎ノ門、赤坂、麻布エリアなどは、ビジネス街に隣接し、駅直結のタワーマンションや駅近のレジデンス付きのオフィスビルなども多く、ニーズが比較的集中するエリアです。また有栖川公園や代々木公園など、都心でありながら緑豊かで、高級住宅街が点在する広尾や代々木エリア、同様に成城、恵比寿、青山エリア、教育環境が整っている文京区なども利用者の多いエリアになります。

 

神奈川県内について

 横浜市や川崎市内を走るJRや私鉄各線が、渋谷や新宿、池袋などの副都心につながり、かつ地下鉄との相互乗り入れが可能なことから、沿線上の住宅地などにニーズがあります。複合商業施設やタワーマンションが林立し、相互乗り入れで副都心まで直通で通える新都心の横浜のみなとみらいや、5路線が乗り入れる川崎の武蔵小杉など、最近ではニーズが増えている傾向にあります。

 

埼玉県内について

 乗り入れ路線が東京駅に次ぐ第2位の巨大ターミナル駅である大宮をはじめ、都心や副都心を結ぶ沿線上の浦和や川口、地下鉄との乗り入れで池袋や新宿、渋谷などにアクセスしやすい東武東上線沿線のエリアなど、ニーズが多い傾向にあります。

 

千葉県内について

 大手町や丸の内、日本橋にアクセスしやすい浦安や市川、地下鉄の相互乗り入れにより日比谷や銀座に出やすい常磐線沿線の柏や松戸、オフィスビルや複合商業施設が林立する幕張エリアなどからのニーズが多い傾向にあります。

 上記からもわかる様に、東京都内のみならず、JRや私鉄各線、地下鉄の相互乗り入れの発達から、郊外から都内への通勤がしやすくなったこともあり、都心・副都心を結ぶターミナル駅沿線など、様々なエリアでのニーズが多いことがわかります。よって、都心で仕事をする環境は充実していますし、もちろん自宅沿線など好きなエリアを選べるという点では、家事サービスの仕事をする上でのメリットになると思います。

 どのようにして働きたいかを取捨選択し、自身が働く場所を見極めることが大切ですね。

 

併せて読みたい関連記事

家事代行・家政婦サービスの勤務地の地域の特性が知りたい!(神奈川編) 

家事代行・家政婦サービスの通勤手段が知りたい!(通勤手段を解説)

家事代行サービスの交通費って支給されるの?(交通費を解説)

ご応募・ご質問はこちら Contact

お気軽にお問い合わせください。(通年採用)